MENU

ご挨拶 ~社長の想い~

産業廃棄物処理施設は環境を守るためには必要な施設です

当社は昭和59年、環境事業会社として誕生いたしました。
当時あまり注目されていなかった環境問題は、今や21世紀の世界共通の課題になっています。
当社の事業の一つである産業廃棄物処分業は、まさに環境問題に直結する事業であり、そのゴミを適正に、安全に処理をすることで、自然環境を維持することが出来ると考えています。
この事業を深く認識し、地球と人に優しい環境維持に貢献し、将来を担う子供たちへ繋げて行きたいと想っています。

未来の子供たちに残せるものは…

地球が誕生して46億年と言われています。人はどれだけ長生きをしても、せいぜい100年です。人の生きている時間は地球の誕生に比べれば本当に一瞬の瞬きのような短さでしょう。その短さの中で自然環境は恐ろしいスピードで変化しています。
10年、20年に一度と言われていた災害が今や毎年のように至る所で起こっています。地球温暖化が言われても、その対策が追い付いていません。
このままの地球を未来の子供たちに残してはいけないのです。大きな発電所を造って残しても、それだけで未来を保証するものではありません。大切なのは地球を慈しみ、自然を思いやり、どの命をも大切にする気持ちを育てることです。
当社は環境活動の一つとして、処分場跡地を太陽光発電に、また近隣の小学校に環境学習をさせて頂き、子供の頃から社会活動や自分たちの生活から必ず出る廃棄物について、意識を持ってもらう環境教育が大切と考えて活動しています。
環境について考え、正しい知識を子供たちに伝えていく事が、私たち世代の義務だと考えています。

令和元年

三和技研工業株式会社
代表取締役 三條 佳恵

三和技研工業株式会社の取り組み

地域経済の持続的成長と環境負荷軽減との両立を目指す

画像

三和技研工業株式会社では地域経済の持続的成長と環境負荷軽減との両立を目指しています。
持続可能な社会の実現のためには、長期的視点を持ち、地球環境に配慮しながら、今後、より多くの方々が共存するための仕組み・制度・技術の確立が重要との認識の下、公共性・成長性の高い分野において、事業を通じて、持続可能な社会の構築に貢献するとともに、企業価値の向上を実現することを目指しています。

事業案内

■安定型最終処分場

画像

平成30年4月10日付けで山口県知事より許可を受けて産業廃棄物安定型最終処分場の「許可番号 第03533118533号」営業しています。本処分場の許可埋め立て容量は352,274.8m3で、有効期間は平成50年5月までとなっております。

 

■収集運搬事業

画像

昭和59年9月より山口県光市を中心に島根県・広島県・福岡県・大分県で、産業廃棄物収集運搬業許可を取得し営業しています。